3件の結果中1〜3件を表示中
オンミナデー メディア

倉庫改修に学生アイデア 氷見

富山新聞 2020年11月30日

2020年11月29日のオンミナデーで富山大学生が行った発表が、11月30日に記事になりました!

記事のURL https://toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20201130203.htm?fbclid=IwAR2mj-YQqNUPceyVYHgWvdmaNQBTBiUprO9l2pagVgNZu1Ne0_4aPL8sgIc

以下、記事を引用

氷見市中心部を流れる湊川沿いにある古い木造倉庫を題材に富大生が建物再生の実習に取り組み、29日、改修アイデアを市民らに発表した。

 

 倉庫は朝日本町にあり、大正期ごろの建築とみられる。市民ら有志で設立した一般社団法人「on the Minatogawa(オンザミナトガワ)」が、カフェや事務所、学生の自習などに使えるスペースに改修する計画を進めている。

 

 学生は芸術文化学部の3年生7人。指導する荻野紀一郎准教授が倉庫の改修に関わる縁で課題研究に活用することになった。

 

 学生は倉庫をシェアハウスにすると仮定して改修アイデアを考えた。図面やパース、50分の1模型を使って特徴や狙いを説明した。ギャラリーやアトリエの設置、外の光を取り入れるだけでなく外に光を出す工夫を凝らした構造などが関心を集めた。

オンミナデー

20200628 第2回オンミナデー

オンミナブログ6

中庭の菜園は、雨が少ないながらも水やり担当のおかげでスクスクと育ち、バジルを食べる謎の虫にはコーヒーの出し殻をかけて追っ払いながら、なんとかピザ焼きの日を迎えた。
菜園のバジルでピザ焼いたらいいね!のつぶやきが、たまたまポータブルピザ窯を持っている2人の存在からすぐに企画化、その話を聞いて「食べたいから社員になる!」というひとまで出てきてありがたい限り。

ピザは材料だけ用意してきて、成型と焼き上げはセルフで体験してもらう。そのためのテーブルもブラケットを使ってウマを作りベンチ材料の残り板を載せて、あっという間に完成。

中庭整備をしたときに、あったらいいな、と思ったベンチも手作りで作ることにして、移住して間もない木工作家さんに設計を依頼した。材料は、もちろん氷見スギ。作家さんが見本で刻みをいれてくれた材料をみながら刻みにも挑戦。耐久性を持たせるためにウッドロングエコという塗料を塗って、組み立てにも奮闘すること3時間以上!まるで以前からそこにあったかのような雰囲気の素敵なベンチができた。

ベンチチームが頑張っている間に、ピザ窯の余熱が完了。ここで持続可能な取り組みを1つ紹介。ピザ窯の燃料は、実は市内の飲食店から出る使い終わった割りばし。たまたま、割りばしは捨てられているのでは?と思い尋ねたところ、「分けてるけど捨ててるよ」、「じゃあ、わたしにください!」で集まった袋一杯の割りばしが燃料として大活躍した。

手のひらサイズに延ばしたピザ生地に、トマトソース・モッツァレラチーズ・菜園バジルを載せてマルガリータ、ゴルゴンゾーラチーズとはちみつ、生ハムとルコラ、という3種類のピザは、ものの2分ほどで焼きあがる。焼きたてのおいしいこと!普通のオーブンでは出ない味だ。

バーカウンターでは、地元のおしゃれな酒屋さんが用意してくれたドリンクやクラフトビールが飲めて、隣の古道具屋さんが貸してくれたレトロ冷蔵庫ではラムネを冷やし、ワイワイガヤガヤの4時間を過ごした。

実は、様子を見に行けていなかったが、外では湊川をてんません漕ぎしていたようで、荷物の多い酒屋さん、子どもたちを乗せて大好評だった模様。わたしもてんません乗りたかった~

(Miko)

総合案内

on the Minatogawa – Go Live!

地域で活動したい「ひと」と「ひと」、「場」と「ひと」をつなぎ、地域の魅力を発信することを目的として、on the Minatogawa一般社団法人をつくりました。

場づくり事業として、湊川沿いに建つ空き倉庫、旧藺製品農協組合倉庫を活用した場づくりを始めました。
来年4月のオープンを目指して改修を進めていきます。

応援よろしくお願いします!